nanairo-wedding

あなたいろのWEDDINGを共に

Seiya&Emi
”∞インフィニティ∞” :ふたつの縁が繋がる日

 

 

11749575_723080151131290_2132325950_n.jpg

ふたりと出会ったのは昨年12月。
以前、私が担当させて頂いた新婦様から

「弟が結婚する事になり、結婚式の相談に乗ってほしい。」

 

とお姉さんからの問合せがきっかけでした。

 

初めましてのおふたりと話をしていく中で

「挙式はしたいけれど、披露宴はしたくない。」と

頑なに披露宴をしたくない新婦様。

 

何も状況を知らなかった私は、おふたりの想いや

色々な不安や悩みをひとつずつ聞いていきました。

 

〇結婚式に行ってもあまり話せないし、写真も撮れない

〇見せ物のようになるのは嫌だ

〇シャンデリア等の装飾で煌びやかなのが苦手

〇情報誌に載っている会場を見たけど、なんか違う

〇久しぶりに会う方々とゆっくり過ごしたいけど、ほとんど話せないのが気になる

〇何のために披露宴をするのかわからない。

 

そんなお話を伺いながら、新婦様からの質問。

 

『披露宴はしなければいけないんですか???』

そこから大号泣の始まり。。。

 

よっぽど苦しかったのだと思います。

 

たくさんのプレッシャーを感じていたのだろうとも思いました。

 

「結婚式(披露宴)は、両家ご親族様を始め

ふたりの大切な方々が一同に集まる最初で最後の機会。

今までの感謝とこれからお願いしますを伝える場所なんです。

 

シャンデリアがなくとも、演出がなくとも

みなさんとゆっくり過ごせるように美味しいお料理と

時間配分をしっかり考えるだけでも、大きく変わりますよ」

とお伝えし、100名様を一斉に集めるではなく

 

わざわざ足を運んでくださった方々とゆっくりご縁を深める為に

50名様ずつの2部制のパーティーを提案しました。

 

 

一部はご親族の皆様と日出町的山荘で…

阿部家樋本家フォト (191)

 

 

2部は別府鉄輪にある湯治柳屋(旅館にて)

阿部家樋本家フォト (318)

 

どちらの会場の雰囲気も料理も全て素晴らしかったです♡

大切なふたりのゲストの縁(〇)がふたつ出来る事は

これから先もずっと関わる方々への感謝

これからの幸せを意味するコンセプトになる。

 

そんなおふたりが作った〇+〇=インフィニティ∞ウエディングを

是非ご覧くださいね^^

 

 

 

 

 
 
些細なことや、こんな質問していいの?もお気軽に問い合わせくださいね。
 
結婚式をするか悩まれている方はこちらをクリック
 
理想の結婚式を知りたい方はこちらをクリック

      2016/01/15gallery

  Recommend Post

MAIL MAGAZINE

お名前
メールアドレス